ご来館にあたり

竹ふえの自然と共存、共栄していただくために

  • 傾斜
  • 竹ふえは、約30度の大自然の斜面に存在し、岩垣でできている通路もございます。 足場が悪いと感じる方もいらっしゃると思いますが、到着後帳場(フロント)にて、館内のお履物を貸出しております。
    特に女性の方はヒールが汚れることもございますので、ご遠慮なくお申し付けください。
  • 竹ふえは、約4,000坪の広大な敷地の中に、12室の離れが点在するお宿です。 類まれな源泉の湯量や逞しい孟宗竹や紅葉などの大自然の恩恵を享受する傍ら、虫達もともに共存しています。その為、虫達がお部屋にお邪魔することもありますが、虫達も暮らすことができる良い処に来たのだとご理解の程、宜しくお願い致します。
    帳場(フロント)までご連絡いただければ、虫達を自然に帰すお手伝いに伺います。
  • 温泉の温度
  • 竹ふえでは、源泉100%にこだわり湯量を調節しながら温度調節しており、ご提供いたします温泉の温度を季節によって春:42度、夏:41度、秋:42度、冬:43度と設定してございます。
    しかし、お客様により快適にご入浴いただくために、温度が熱いときは自家水源から湧き出る竹林水を加水し、いつでもお好みの温度に調整させていただきます。
  • 限りある資源
  • 竹ふえの源泉は、自然からいただいた恵みと共に、限りある資源です。竹ふえ館内の23のお風呂はすべて源泉100%かけ流しでございます。
    また、竹ふえのすべての蛇口から出るお水は、自家水源から湧き出る不純物の少ないミネラル豊富な生水である竹林水でございます。
    これらの大自然の豊かな恩恵をお客様が快適にいつまでもお使いいただけますように、節水のご理解とご協力をお願い致します。
  • 館内に流れる音楽
  • 竹ふえでは、竹笹がゆれる音、野鳥の声、川の流れる音など自然が奏でる音をお愉しみいただくことをおもてなしの一つと考えてございます。
    しかし、秘境にございます竹ふえの周辺には野生の生き物もたくさんおります為、館内回廊や貸切露天風呂には、けもの除けとして、ヒーリング音楽を流してございます。 自然の音の邪魔だと感じることもあるかもしれませんが、ご理解とご了承の程何卒よろしくお願い申し上げます。
  • 竹ふえの冬
  • 九州といえば南国のイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと存じます。
    竹ふえは、九州とはいえ標高約1000Mの場所に位置し、冬の寒さは厳しく、平野部より数度ほど気温が下がります。
    特に毎年12月から翌3月にかけましては雪の日も多くございます。雪の日の温泉は格別なものがございます。雪化粧をした竹、温泉に舞い散る雪などいつもと違う竹ふえの情景をお愉しみいただけます。
    竹ふえに到着されましたら、お部屋のクローゼットの中に半纏をご用意してございますが、お寒いときは帳場(フロント)までご連絡いただければ、防寒器具や防寒着をご用意させていただきます。
    また、気温が氷点下になる日は周辺の道路が凍結することがございますので、お車までのご来館のお客様におかれましてはスタッドレスタイヤ、チェーン等のご準備をご考慮下さいませ。